債務整理・過払い金請求のご相談なら、長野県長野市の司法書士法人あい和リーガルフロンティアへ。借金の問題は、身近な法律家・司法書士にお任せください。

長野市 債務整理・過払い金請求の専門事務所

司法書士法人
あい和リーガルフロンティア  長野

〒380-0823 長野県長野市南千歳1-3-3 アレックスビル3F

受付時間  9:00〜19:00(平日の営業時間外・土日祝日も予約にて対応

ご相談・過払い金調査は
無料 です

お気軽にご相談ください

自己破産

自己破産とは、お金を借りている人の収入や財産では借金を返済することがどうしても難しいことを裁判所に認めてもらい、法的に借金をなくしてもらう手続です。
借金はゼロになりますが、不動産など高価な財産を持っている場合はそれらの財産をお金に換え、全債権者に公平に分配することになります。

自己破産のメリット 

  1. 借金がゼロになる。
  2. 法律上の債務がなくなり、取り立ても止まる。

自己破産のデメリット

  1. 信用情報機関(ブラックリスト)に載る。

    信用情報機関に載っている5年~10年間は、借り入れやローンが組みにくくなり、クレジットカードを作ることができません。
  2. 高価な財産が処分される。

    99万円を超える現金及び時価20万円を超える財産。なお、家具等の生活に欠くこ
    とができないと認められる財産については一切処分されず、自己破産をしてもこれ
    までと同様の生活を送ることが可能です。
     
  3. 官報に掲載される。

    一般の方が官報を見ることは少ないので、知人や会社等に知られる可能性は乏しい。
     
  4. 破産開始決定後から一定期間、職業や資格が制限される。

    但し、免責決定(約3ヶ月間)まで
      例: 弁護士・公認会計士・税理士等の各士業、株式会社・有限会社の取締役・監
         査役、合名・合資会社の社員、警備員、生命保険募集など
     
  5. 免責確定後、7年間は再び自己破産できない。

自己破産に対して偏見をお持ちではありませんか?

財産をすべて取りあげられてしまうのでは?

自己破産をしても、日常生活に必要なテレビ、冷蔵庫といった家財道具などは、お客様の手元に残すことが可能です。

家族や知人に迷惑がかかるのでは?

自己破産をしても、保証人でない限りご家族が借金を支払う義務はありません
自己破産をしたことが、戸籍や住民票に記載されることはありません。
また、お金を借りた相手がヤミ金でない限り、嫌がらせをされることもありません。

お金を借りた相手に申し訳ない・・・。

・借りたお金は返さなければいけない...。
・債権者に申し訳ない...。

というお気持ちはもちろん判ります。
私たちも、借金ができたから安易に自己破産を選ぶことはお勧めしません。
自己破産は、人生再出発のために国が用意してくれた手続きです。
借金を重ねてしまったことに対しては、自身でどうしてそのような状況になってしまったのかを考えていただく必要もあると思います。

自己破産するなんて恥ずかしい・・・。

今まで誰にも相談できずに状況が悪化してしまい、毎日頭を悩ませ、ついには逃げてしまう人もいます。
しかし、逃げても借金は消えません。
借金の為に人生を棒にふる必要はありません。
自己破産は、人生の再出発のために国が用意してくれた制度なのです。

費用についてはこちらをクリック

自己破産についてよくあるご質問

ここではよくあるご質問をご紹介します。

自己破産したことが戸籍や住民票、免許証に載りますか?

載りません。

戸籍、住民票、免許証に記載されることはありません。

自己破産したことが家族や会社に知られる可能性はありますか?

通常は、他人に知られることはありません。

官報には掲載されますので、絶対に秘密にできるとは断言できませんが、一般の方で官報を見る人は、ほとんどいませんので知られる可能性は乏しいでしょう。

自己破産をすると勤めている会社を辞めさせられるのでしょうか?

自己破産をしたこと自体が原因として解雇されることはありません。

従業員が破産したことを理由とする解雇は、法律上認められません。

自己破産をするとサラ金業者から嫌がらせを受けるのではないでしょうか?

そのような行為は法律上でも禁止され、罰せられます。

通常の債権者でしたら嫌がらせはありません。但し、ヤミ金業者からの借入れがある場合には注意が必要です。

自己破産手続きの流れ

ご相談、自己破産のご依頼

現在の債務や家計の状況、所有の財産等についてお伺いし、破産手続きについて詳しくご説明します。

ご予約はこちら

Tel:026-269-8777

    受付時間 9:00~19:00
       (平日の営業時間外・土日祝日は予約にて対応)

債権者へ受任通知発送、取引履歴の開示請求

催促を停止させます。
受任通知(代理人通知)を発送し、今までの取引履歴の開示請求を行います。

利息制限法で定められた利率で、借金を再計算
(引直し計算)

これまでにいくら支払ったか整理します。
利息の払いすぎを元本に充当し、借金を減額。

利息再計算の結果、過払い(債権者に対して払いすぎたお金)が出ている場合、債権者へ過払い請求

ご本人による自己破産の必要書類準備

資産や収入を証する書類として預貯金通帳や、保険証券、給与明細等をご用意頂きます。

自己破産申立

住所地の管轄裁判所に申立書類を提出します。

お客様が地方裁判所で裁判官との面談
(破産審尋)

借入の経緯や収入の状況等を裁判官から質問されます。
当事務所では、審尋の日に司法書士も裁判所まで同行しますのでご安心ください。

破産手続き開始決定
(自己破産状態にあることが認められる)

【管財事件の場合】
① 破産手続き開始決定・破産管財人の選任
② 債権者集会
③ 債権の確定・配当
④ 破産手続き終結決定

同時廃止・官報に掲載

高額な財産等が無い場合は、債権者へ財産の分配が行われず、破産手続開始と同時に手続終了の決定がなされます。
破産手続開始の決定がなされると「官報」という国が発行する新聞のような出版物に住所・氏名・自己破産手続きをした旨が公告されます。

免責決定(借金がゼロになる)、官報に掲載

破産手続きが終了すると借金を法的に免除するという決定がなされ、その旨が官報に公告されます。

その他のメニュー

裁判所を通さずに利息や毎月の支払いを減らしてもらえるように交渉し、借金額を圧縮する手続きです。

マイホームを手放さずに借金を大幅に減額してもらい、生活再建を図る手続きです。

不動産が競売される前に、競売より高い金額で売却を目指す手続きです。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

026-269-8777

受付時間:9:00〜19:00
平日の営業時間外・土日祝日も予約にて対応

よくあるご相談
  • 過払い金があるか知りたい。
  • 月々の支払を減らしたい。
  • 支払を一つにまとめたい。
  • 記憶に無いところから請求書が届いた。
  • マイホームや車を残して債務整理をしたい。

親切、丁寧な対応を心がけております。上記のようなご相談はもちろん、疑問や悩み事など、なんなりとご相談ください。

当事務所は、法テラス登録事務所です。

法テラスは、自己破産をするときに一定の要件を満たした場合に司法書士費用を立て替えてくれる国の機関です。

詳細はこちら

【相続】無料相談

・相続手続き
・相続放棄
・遺言書作成等 

詳細はこちら

・農地に住宅を建てたい
・農地を売買したい
・農業法人を設立したい 等

詳細はこちら